相談内容

Fondos para la educación

回答

¿ Suficientes ahorros para que sus hijos puedan seguir estudiando? En el caso de que les falte, aparte de hacer un préstamo en el banco, usted puede acudir a los siguientes sistemas.
(En general, estos sistemas son para los residentes permanentes [eijuusha], cónyuges o hijos de japoneses [nihonjin no haiguushatou], cónyuges o hijos de residentes permanentes [eijuusha no haiguushatou] y residentes de larga duración [teijuusha])
▲ Haga préstamos bajo un plan para evitar problemas!
 

相談内容

Fondos para la preparación del ingreso a la escuela

回答

Corporación Financiera de Japón (Nippon Seisaku Kin'yuu Kouko) /
Financiación Educativa Nacional (kuni no kyouiku loan)
    Se les aplica a Instituciones educativa para personas que se hayan graduado de la secundaria, y que tengan cursos que dure más de 6 meses.
  • Cuando será depósito: Cuando necesário
  • Interés: Con interés
  • Informaciones: Financiamento Educacional Nacional ℡ 0570-008656
  • Financiamento Educacional Nacional
Organización de Servicios para Estudiantes en Japón (JASSO) /
Préstamo suplementario especial en el momento del ingreso a la escuela (nyuugakuji tokubetsu zogaku taiyo shogaku kin)
    Para personas que no salieron favorecidas al préstamo de Financiación Educativa Nacional (Universidad, Universidad de dos años [tanki daigaku], escuelas profesionales [senshuu gakkou] , etc)
  • Cuando será depósito: Después del ingreso
  • Interés: Con interés
  • Informaciones: En el secundaria superior(koukou) o escuela, donde está estudiando o estudió
  • JASSO Préstamo suplementario especial en el momento del ingreso a la escuela
Banco Roudou kinko (Roukin) /
Sistema de préstamo para el momento del ingreso a la escuela (nyuugakuji hitsuyo shikin yushi seido)
Consejo de Asistencia Social de la Provincia (Shakai Fukushi Kyogikai)
Préstamo para el ingreso a la escuela del Fondo de Bienestar cotidiana (Seikatsu Fukushi Shikin Shuugaku Shitaku-hi)
Gobierno de Shiga (o município, en el caso de las personas de Otsu) /
Préstamo de Fondos de Bienestar Social para familia monoparental (Boshi fushi kafu fukushi shikin kashituske kin)

相談内容

Becas

回答

En general, las aplicaciones a una beca en cada universidad se harán después del ingreso en abril o mayo, pero existen universidades que hacen convocaciones para becas de reserva antes del ingreso. Así que tan pronto decida la universidad, averigüe sobre las becas.
En Organización de Servicios para Estudiantes en Japón (JASSO) tienen préstamos con o sin interés, y también existe una beca (que no tiene necesidad de devolver) para los estudiantes destacados que padecen de dificultad económica.

相談内容

幼稚園、保育所

回答

日本の幼稚園は小学校入学までの希望する子供を保育します。3才から入園の3年保育、4才から入園の2年保育、5才から入園の1年保育があります。公立私立共に保育料が必要です。
入園の問い合わせ
  • 公立幼稚園:各市町村教育委員会まで
  • 私立幼稚園:直接各園まで
保育所は両親が働いているなどで保育に欠ける0才から小学校入学までの子供を保育します。公立の保育所では、子供の年齢、保護者の所得に応じて保育料が必要です。
入所問い合わせ
各市町村児童福祉担当課まで

相談内容

小学校、中学校

回答

日本国内に住所を有する外国人の子供は、日本の小中学校に就学する義務を負うものではありませんが、希望する場合は就学することができます。公立小中学校は授業料はいりませんが、教材費などは必要です。
就学の問い合わせ
  • 公立小中学校への就学:各市町村教育委員会
  • 私立小中学校への就学:直接、各小中学校

相談内容

中学卒業後の進路

回答

「未来のための進路ガイダンス」資料(PDFファイル)

相談内容

高校の入学

回答

一般の日本の高校へ入学するためには、入学試験に合格しなければなりません。
応募資格
年齢が入学しようとする年の4月1日までに15才に達していること。 原則として、外国で9年間の学校教育を終了しているか、日本の中学校を卒業、又は卒業見込であること。
入学の問い合わせ
滋賀県教育委員会事務局 : 077-528-4573

相談内容

大学の入学

回答

一般の日本の大学へ入学するためには、入学試験に合格しなければなりません。 国公立大学の入学試験は、大学入試センターとそれぞれの大学によって行われる試験があります。 日本のほとんどの私立大学は個々に入学試験を行っています。

相談内容

国際学校

回答

滋賀朝鮮初中級学校
  • 大津市木下町2-24
  • TEL: 077-522-1921
朝鮮語で授業が行われます。
日本フィンランド学校(現在は休校中)
  • 大津市上田上新免町566
  • TEL: 077-549-1555
フィンランド語で授業が行われます。フィンランド人が対象です。(小学校から高校まで)
京都インターナショナルスクール
  • 京都市上京区葭屋町中立売下る北俵町317
  • TEL: 075-451-1022
  • FAX: 075-451-1023
英語で授業が行われます。(3歳から13歳まで)
国際アカデミー高等学校
  • 大阪府豊中市桜塚2丁目4-22
  • TEL: 06-6846-5591
英語、日本語で授業が行われます。(幼稚園から中学まで)
大阪インターナショナルスクール
  • 大阪府箕面市小野原西4丁目4-16
  • TEL: 0727-27-5050
  • FAX: 0727-27-5055
英語で授業が行われます。(幼稚園から高校まで)

相談内容

幼稚園、保育所

回答

日本の幼稚園は小学校入学までの希望する子供を保育します。3才から入園の3年保育、4才から入園の2年保育、5才から入園の1年保育があります。公立私立共に保育料が必要です。
入園の問い合わせ
  • 公立幼稚園:各市町村教育委員会まで
  • 私立幼稚園:直接各園まで
保育所は両親が働いているなどで保育に欠ける0才から小学校入学までの子供を保育します。公立の保育所では、子供の年齢、保護者の所得に応じて保育料が必要です。
入所問い合わせ
各市町村児童福祉担当課まで

相談内容

日本の大学を受験するために必要な試験

回答

「日本語能力試験」は日本語を母語としない者を対象として日本語能力を測定し、認定するための日本語試験です。私費外国人留学生の入学選考の資料とするため、入学希望者に対して1級または2級の受験を課す大学又は短期大学が多いようです。 また「私費外国人留学生統一試験」は私費留学生として日本の大学へ入学を希望する者の入学能力判定に供するための基礎科目の試験です。 この試験についても近年受験を義務付ける大学が増えてきましたから、受験しておくことをおすすめします。 いずれの試験も、詳しくは(財)日本国際教育協会(日本語・統一試験課)まで。 TEL:03-5454-5211 大学入学を希望する私費留学生が学ぶための日本語学校は、(財)日本語教育振興協会が認定した日本語教育施設か、大学の日本語別科である必要があります。 詳しくは、(財)日本語教育振興協会まで。 TEL:03-5386-0080

相談内容

日本留学総合ガイド

回答

外務省でウェブサイトを公開しています。