相談内容

배우자 공제・배우자 특별공제의 재검토

回答

배우자의 수입이 일정 이하인 경우 납세자의 세금이 공제됩니다. 이를 배우자공제라고 합니다. 공제대상이 되는 배우자의 수입이나 납세자 본인의 수입에 관한 사항이 개정되어 2018년도분 이후의 소득세에 대해 적용됩니다.
① 납세자 본인이 받는 공제액
    소득공제액 38만엔의 대상이 되는 배우자의 급여수입의 상한이 103만엔에서 150만엔으로 인상됩니다. 이를 넘으면 단계적으로 공제액이 줄어들어 연수 201만엔이 되면 소실됩니다.
② 납세자 본인의 소득제한
 
    배우자 공제 등이 적용되는 납세자 본인에게 수입이 제한됩니다. 합계소득금액이 900만엔을 넘으면 단계적으로 공제액이 줄어들어 1000만엔이 되면 소실됩니다.

相談内容

所得税

回答

所得のある人は所得税を納めなければなりません。所得は国籍に関わらず1月1日から1年間に得た個人所得のすべてに課税されます。しかし外国人の税金は滞在期間や職種などにより、次のとおりの方法で扱われます。
  • 日本に住所を持ち、または日本に引き続き1年以上居所を有する者や日本に永住しようとしている者で現在まで引き続き5年以上滞在しているものは、外国と日本の所得の両方に基づく税を支払います。
  • 日本に住所を有し、または現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人で、日本に永住するつもりがなくかつ現在まで引き続いて5年以内滞在の一時的な居住者は、日本の所得と海外から送られてきたお金に基づく税を支払います。
  • 日本に1年以内の滞在期間で住所を持たないものは、日本の所得だけに基づく税を払います。
納税者は管轄されている税務署で確定申告を提出します。申告の期間は2月16日から3月15日です。給与収入2000万円以下の給与所得の場合の所得税は、給与から直接差し引かれますので、通常給与所得者は所得税の申告書を提出する必要はありません。

相談内容

住民税

回答

滋賀県の居住者は、県民税と市町村民税を支払います。これらの税は住民税といわれ、住所地の市町村を管轄する税務署に提出されている確定申告などに基づいて計算されます。住民税は国籍に関わらず、1月1日から1年間に得た個人所得のすべてに課税されます。外国人の税金は、滞在期間や職種などにより別の方法で扱われます。 住民税は次のように課税されます。
  • 国籍に関わらず、1月1日に日本に住所をもち、1年以上日本に滞在する場合。
  • 1月1日現在1年以内の居住期間でも、入国後継続して1年以上日本に居住することを通常必要とする職業を有する場合。
住民税を支払うため、1月1日現在に住所地のある市町村へ申告しなければなりません。

相談内容

その他の税金

回答

不動産取得税
不動産取得税は不動産の取得者に課せられます。
自動車税
すべての自動車の所有者に課せられます。(滋賀県自動車税務署)
軽自動車税
軽自動車の所有者に課せられます。(各市町村税務担当課)
固定資産税
固定資産税は、毎年1月1日に土地、家屋などを所有しているものに課せられます。