ここからヘッダーです。

*
財団法人 滋賀県国際協会

ここからヘッダーメニューです。

ホームページアドレス
アクセス
お問い合わせ
ホーム

ここまでがヘッダーメニューです。

ここまでがヘッダーです。

ここからボタンです。

日本語EnglishPortuguesEspanol中文(簡体字)中文(繁體字)タガログ語

ここまでがボタンです。

トップページ >> 何が起こった?

ここから文字サイズ変更部分です。

文字の大きさを変更する : 大きくする元に戻す小さくする

ここまでが文字サイズ変更部分です。

ここからメインです。

ここからメイン右部分・サブボタンです。

ここまでがメイン右部分・サブボタンです。

ここからメイン左部分です。

国際教育教材「言葉がわからない」体験ゲーム

何が起こった? (震災編)    

国際教育研究会 Glocal net Shiga 開発教材  ≪第4弾≫
好評販売中! NEW    対象:小学4年生以上

地域で暮らす外国にツールをもつ方々で、日本語から情報を得ることに難しさを感じる方々の日々の生活での苦労や不安についてさらに広く理解を促したいと考えました。そこで、こうした方々が置かれている厳しい状況がより増幅する災害発生次を想定した教材を開発しました。
内閣府では、外国人を災害時要援護者と位置づけています。この教材がそうした外国の方たちとともに全ての人たちにとって住みよい地域をつくるための日頃からの備え配慮について検討するきっかけになればと考えています。本教材をきっかけに、地域の多文化共生について自らのこととして考えられる人たちが増え、足元からの地道な行動や活動につながっていくことを願っています。

このワークショップを通して、言葉がわからないことから生じる不安な気持ちを体感します。 その体験をもとに、全ての人にとって過ごしやすい「多文化共生社会」をつくるために、自分たちでできることを主体的に考え、 実行するためのきっかけとなることを ねらいとする教材です。国際教育、人権教育などの授業や講座等でぜひご活用ください。

ご希望の方は下記の申込方法にて申込下さい。
販売価格:1セット 1,550円 
( 滋賀県国際協会会員価格 1,030円 )

*2014年4月1日より、消費税率の改定に伴い、料金が改訂となりました。

この教材のおもな流れ

「最近、家族と一緒にある国に引っ越してきたばかりの子どもが突然の地震に遭遇!?安全に安心して避難することができるのでしょうか…?」という設定のシミュレーションゲームです。付属CDに収録されている動画に沿って、活動していきます。

詳細はコチラ(pdf形式357KB)

こんな使い方があります!

セット内容

1.解説書(指導者マニュアル、県内に暮らす外国にツールをもつ方たちの体験談、
  中越沖地震を体験した留学生の体験談、ふりえあえりシート、リソース集など)
2.付属CD・解説書
  ・動画ファイル(オリジナル版、短縮版)
  ・素材ファイル(プラカード、音声素材、小道具用イラスト素材、写真素材)など
3.ワークショップ用プラカード8枚

教材写真イメージ
教材セットの写真

お申し込み方法

お申し込み先
お知らせいただく内容
お電話
077-526-0931 ・「何が起こった?申込」

・氏名

・住所

・電話番号
FAX
077-510-0601
E-mail
siamail@mx.bw.dream.jp
件名「何が起こった?申込」

(上のアドレスをクリックすると、宛先と件名が入った状態で送信用のメールが開きます。)
窓口
お気軽に声をおかけください。

ここまでがメインです。

ここからフッダーです。

*
Copyright (C) 2008 Shiga Intercultural Association for Globalization. All Rights Reserved.

ここまでがフッダーです。