相談内容

教育資金

回答

子ども達の進学のため、教育資金の準備はできていますか?教育資金が不足する場合、銀行のローンの他、次のような制度を利用して、お金を借りることができます。
(概ね、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者対象)
▲ローンや奨学金を利用する際は、返済に困らないような計画を立てましょう!
 

相談内容

入学支度金

回答

日本政策金融公庫 国の教育ローン
    (修業年限が原則6ヵ月以上で、中学校卒業以上の方を対象とする教育施設)
  • 振込時期: 随時
  • 利子: 有り
  • 問合わせ: 国の教育ローン ℡ 0570-008656
  • 日本政策金融公庫 国の教育ローン
日本学生支援機構(JASSO)入学時特別増額貸与奨学金
    入学月の奨学金に一時金として増額して貸与する奨学金)。「国の教育ローン」に申し込んだけれども利用できなかった人が対象(大学、短期大学、専修学校など)
  • 振込時期: 進学後
  • 利子: 有り
  • 問合わせ: 在籍する高等学校、出身校
  • 日本学生支援機構(JASSO)入学時特別増額貸与奨学金
労働金庫(ろうきん)入学時必要資金融資制度
県社会福祉協議会 生活福祉資金 就学支度費
県(大津市の方は大津市) 母子父子寡婦福祉資金貸付金

相談内容

奨学金

回答

各大学での奨学生の募集は、入学後、4月、5月に行われることが一般的ですが、入学前に予約型奨学金の募集をする大学もあります。このため、希望校が決まれば、早めに奨学金の情報を収集しましょう。
日本学生支援機構(JASSO)には、有利子、無利子の奨学金(貸与型)の他、経済的に困難な状況にある優秀な学生に対する給付型の奨学金もあります。

相談内容

外国人対象の奨学金

回答

外国人向けの奨学金は数多くあります。外国人向けの奨学金に関する情報は「外国人留学生のための奨学金案内」(アジア学生文化協会編、同文舘発行)、「日本留学奨学金パンフレット」((財)日本国際教育協会発行)に詳しく解説されています。 (関連団体) 日本学生支援機構 : Tel 03-6407-7454 日本国際教育協会 留学情報センター神戸サテライト : Tel.078-242-1744 アジア学生文化協会 : Tel.03-3946-4121

相談内容

日本の大学を受験するために必要な試験

回答

「日本語能力試験」は日本語を母語としない者を対象として日本語能力を測定し、認定するための日本語試験です。私費外国人留学生の入学選考の資料とするため、入学希望者に対して1級または2級の受験を課す大学又は短期大学が多いようです。 また「私費外国人留学生統一試験」は私費留学生として日本の大学へ入学を希望する者の入学能力判定に供するための基礎科目の試験です。 この試験についても近年受験を義務付ける大学が増えてきましたから、受験しておくことをおすすめします。 いずれの試験も、詳しくは(財)日本国際教育協会(日本語・統一試験課)まで。 TEL:03-5454-5211 大学入学を希望する私費留学生が学ぶための日本語学校は、(財)日本語教育振興協会が認定した日本語教育施設か、大学の日本語別科である必要があります。 詳しくは、(財)日本語教育振興協会まで。 TEL:03-5386-0080 「日本語能力試験」は日本語を母語としない者を対象として日本語能力を測定し、認定するための日本語試験です。私費外国人留学生の入学選考の資料とするため、入学希望者に対して1級または2級の受験を課す大学又は短期大学が多いようです。 また「私費外国人留学生統一試験」は私費留学生として日本の大学へ入学を希望する者の入学能力判定に供するための基礎科目の試験です。 この試験についても近年受験を義務付ける大学が増えてきましたから、受験しておくことをおすすめします。 いずれの試験も、詳しくは(財)日本国際教育協会(日本語・統一試験課)まで。 TEL:03-5454-5211 大学入学を希望する私費留学生が学ぶための日本語学校は、(財)日本語教育振興協会が認定した日本語教育施設か、大学の日本語別科である必要があります。 詳しくは、(財)日本語教育振興協会まで。 TEL:03-5386-0080

相談内容

大学の入学

回答

一般の日本の大学へ入学するためには、入学試験に合格しなければなりません。 国公立大学の入学試験は、大学入試センターとそれぞれの大学によって行われる試験があります。 日本のほとんどの私立大学は個々に入学試験を行っています。

相談内容

高校の入学

回答

一般の日本の高校へ入学するためには、入学試験に合格しなければなりません。
応募資格
年齢が入学しようとする年の4月1日までに15才に達していること。 原則として、外国で9年間の学校教育を終了しているか、日本の中学校を卒業、又は卒業見込であること。
入学の問い合わせ
滋賀県教育委員会事務局 : 077-528-4573

相談内容

中学卒業後の進路

回答

「未来のための進路ガイダンス」資料(PDFファイル)

相談内容

小学校、中学校

回答

日本国内に住所を有する外国人の子供は、日本の小中学校に就学する義務を負うものではありませんが、希望する場合は就学することができます。公立小中学校は授業料はいりませんが、教材費などは必要です。
就学の問い合わせ
  • 公立小中学校への就学:各市町村教育委員会
  • 私立小中学校への就学:直接、各小中学校

相談内容

幼稚園、保育所

回答

日本の幼稚園は小学校入学までの希望する子供を保育します。3才から入園の3年保育、4才から入園の2年保育、5才から入園の1年保育があります。公立私立共に保育料が必要です。
入園の問い合わせ
  • 公立幼稚園:各市町村教育委員会まで
  • 私立幼稚園:直接各園まで
保育所は両親が働いているなどで保育に欠ける0才から小学校入学までの子供を保育します。公立の保育所では、子供の年齢、保護者の所得に応じて保育料が必要です。
入所問い合わせ
各市町村児童福祉担当課まで

相談内容

日本の大学を受験するために必要な試験

回答

「日本語能力試験」は日本語を母語としない者を対象として日本語能力を測定し、認定するための日本語試験です。私費外国人留学生の入学選考の資料とするため、入学希望者に対して1級または2級の受験を課す大学又は短期大学が多いようです。 また「私費外国人留学生統一試験」は私費留学生として日本の大学へ入学を希望する者の入学能力判定に供するための基礎科目の試験です。 この試験についても近年受験を義務付ける大学が増えてきましたから、受験しておくことをおすすめします。 いずれの試験も、詳しくは(財)日本国際教育協会(日本語・統一試験課)まで。 TEL:03-5454-5211 大学入学を希望する私費留学生が学ぶための日本語学校は、(財)日本語教育振興協会が認定した日本語教育施設か、大学の日本語別科である必要があります。 詳しくは、(財)日本語教育振興協会まで。 TEL:03-5386-0080

相談内容

日本留学総合ガイド

回答

外務省でウェブサイトを公開しています。