相談内容

在留について

回答

日本に住む外国人には、それぞれの滞在目的に従って在留資格と在留期間が与えられます。おのおのの「在留資格」には活動できる内容が厳格に規定されています。

関連ページ
入国管理局
在留関係の手続きについては
在留関係手続き
入国後の在留関係の手続き
滋賀県在住の方は、大阪入国管理局大津出張所で行います。
大阪入国管理局大津出張所
大津市京町3-1-1 大津びわ湖合同庁舎6階  ℡:077-511-4231 
一般的な内容についての相談
外国人在留インフォメーションセンター・ワンストップ型相談センター(入国管理局)に外国語で問い合わせることもできます。
外国人在留インフォメーションセンター
℡ 0570-013904(IP, PHS, 海外: 03-5796-7112)

新しい在留資格への移行により、平成24年7月9日より前の住所は住民票には記載されません。
※これまで市区町村で保管されていた「外国人登録原票」は、平成24年7月9日から法務省で保管されています。

外国人登録原票に係る開示請求について(法務省HPへリンク) 
外国語ページ(入国管理局HPへリンク) 

相談内容

如果超过居留期限将会出现怎样的情况?

回答

如果超过居留期间,将成为在入国管理法上的“不法滞在者”。不法滞在者原则上在五年内不能再进入日本。因强制遣返而受到处分的外国人(犯罪行为的种类,刑罚的轻重等),有可能终生不能进入日本。
强制遣返
超过居留期限而故意在日本停留者,即成为强制遣返的对象。这里分两种情况、即自己到入国管理局认罪和被警察逮捕,在事后的手续等方面有所不同。
自己到入国管理局认罪
在被警察逮捕之前自己去入国管理局时,可以不被提起公诉并可以自己回国。
被逮捕
由于违反入国管理法,将会在10天以内交给入国管理局或被提起公诉。被起诉时,进行审理,一般到被宣判为止的一个半月将会拘留在拘留所或公安局,然后交给入国管理局受到强制遣返处分。
一般出国
由于本人生病等有不得已的理由,在很短期间内属于“不法滞在”时,先办理居留期间更新手续,然后回国。

相談内容

死亡届

回答

  • 死亡届は医師が発行する死亡診断書を添付の上、同居の親族、その他同居者等が死亡後7日以内に届出人の所在地の市町村役場に提出してください。
  • 在留カードを死亡14日以内に返してください。