相談内容

遭遇犯罪或交通事故時

回答

交番(派出所)
在日本街上建有"交番"(派出所)。警察在此值勤,負責巡邏管轄地區,預防犯罪,受理尋人及失物報告,引路等各種工作。有困難隨時可以到"交番"找警察。
被盜或遭遇暴行時
如不在家時被盜或遭遇暴力行為,請速到附近的"交番"或警察局報告。 在緊急情況要求救,就打110緊急電話報警。如存折及信用卡被偷,就需要與銀行及信用卡公司聯係,要求辦理停用手續。
遭遇交通事故時
如遭遇交通事故,即使小小的事故,也就要向警察報告。有人受傷,請速叫救護車。

相談内容

發生火災時

回答

如發生火災,請速向消防局報告(火警電話119),然後用水桶潑水或用滅火器努力儘早救火,同時喊叫"火了!(KAJI-DA!)",向鄰居求救。

相談内容

緊急時

回答

請撥打119緊急電話,叫救護車,別著急告訴以下的內容。
  • 是要救護車的(請注意,電話號碼與發生火災時一樣)
  • 發生的地方
  • 是急病,還是受傷
  • 病人的人數,性別,年齡(成人、兒童、幼兒的區別)
  • 傷病的程度

相談内容

法律についての相談は

回答

法terasu (Houterasu)
℡ 0570-078374(日本語)
℡ 0570-078377(English, Chinese, Korean, Spanish, Portuguese, Vietnamese, Tagalog)
℡ 03-5366-6008(多言語ダイヤル)
法terasu (Houterasu)滋賀
大津市浜大津1-2-22 大津商中日生ビル5F
℡ 050-3383-5454

相談内容

緊急電話(事件・事故)

回答

110(事件の緊急番号)
電話で警察に通報するときは、局番なしの110番にかければ、24時間体制で連絡できます。 公衆電話から通報する場合、緊急用の赤いボタンを押してから110番にかけます。(119番も同様、無料)ケガ人がいる場合は、救急車の手配もしてくれます。 電話するときは、次のことを順に伝えます。
  1. 事故か、犯罪かといった状況
  2. 起きた場所、または住所
  3. 自分の氏名
119(火事の緊急番号)
消防署も24時間体制で通報を受け付けています。消防署には消防車と救急車があります。 電話するときは、次のことを順に伝えます。
  1. 火事か救急かを伝える
  2. 場所はどこか(目印などがあれば言う)
  3. 自分の氏名、電話番号

相談内容

刑事事件を起こしてしまったら (事件・事故)

回答

被疑者の権利
被疑者の権利として3つの権利が保障されています。
  1. 事実を知る権利
  2. 黙秘権
  3. 弁護人依頼権
当番弁護士制度
警察に逮捕、拘留された被疑者や家族の求めに応じて弁護士会が速やかに弁護士を被疑者のところに派遣する「当番弁護士」の制度があります。要請する場合ははっきりと申し出てください。
弁護士費用扶助制度
経済的に困っている人には、弁護士会内の法律扶助協会の「弁護士費用扶助制度」がありますので、当番弁護士が接見に来た際に相談してください 。
国選弁護人
起訴後、被告人は裁判のための弁護人を依頼することができます。経済的に無理な場合は、依頼すれば政府の国選弁護人をつけてくれます。