滋賀県からの営業時間の短縮要請に応じた飲食店等事業者への協力金の支給について、お知らせします。
大規模施設(1000㎡超)内でのテナント・イベント出店者へも協力金が給付されます。
緊急事態宣言の発出に伴い、それぞれの要請期間に分けて申請を受け付けます。

〈申請受付期間〉

A まん延防止等重点措置期間分(第1期 8月8日~8月26日): 9月1日から9月30日
B 緊急事態措置期間分(第2期 8月27日~9月12日): 9月13日から10月12日
C 緊急事態措置延長期間分(第3期 9月13日~9月30日): 10月上旬予定(※詳細が確定し次第、 お知らせします。)

A まん延防止等重点措置期間の協力金の支給について

まん延防止等重点措置要請期間 (第1期)

2021年8月8日(日)0時~2021年8月26日(木)24時

1 県内13市の飲食店:まん延防止等重点措置の対象地域

■ 区域

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、東近江市、近江八幡市、甲賀市、湖南市、彦根市、長浜市、米原市、高島市

■ 対象店舗

要請前は、夜20時から朝5時までの時間に営業していた飲食店

■ 支給条件

  • 時短を要請する全期間において、営業時間を朝5時から夜20時までの間に短縮すること
  • 酒類の提供を停止すること
  • 営業時間短縮を実施していることを示すチラシを掲示しておくこと
  • 国の感染拡大予防ガイドラインを遵守していること
  • 「もしサポ滋賀」を導入し、「感染予防対策実施宣言書」を掲示していること
  • 申請フォーム:https://shiga.qr.liny.jp/entry

■ 支給額

【中小企業(小規模事業者、個人事業主含む)】
以下のA・Bいずれかの方法
A 売上高に応じ、3万円~10万円/日×日数(定休日を除く)
B 1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
  【上限20万円/日】

【大企業】
・1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
   【上限20万円/日】)
【大規模施設(1000㎡超)内でのテナント・イベント出店者】
・時短営業した面積100㎡ごとに2万円/日 × 短縮した時間/本来の営業時間 × 日数(定休日を除く)

2 県内6町の飲食店

■ 区域

日野町、竜王町、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町

■ 対象店舗

要請前は、夜21時から朝5時までの時間に営業していた飲食店

■ 支給条件

  • 時短を要請する全期間で、営業時間を朝5時から夜21時までの間に短縮すること
  • 酒類の提供は11時から20時までとすること
  • 営業時間短縮を実施していることを示すチラシを掲示しておくこと
  • 国の感染拡大予防ガイドラインを遵守していること
  • 「もしサポ滋賀」を導入し、「感染予防対策実施宣言書」を掲示していること

■ 支給額

【中小企業(小規模事業者、個人事業主含む)】
以下のA・Bいずれかの方法を選択
A 売上高に応じ、2.5万円~7.5万円/日×日数(定休日を除く)
B 1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
【上限20万円/日 または前年度もしくは前々年度の1日当たりの売上高× 0.3のいずれか低い額】

【大企業】
・1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
  【上限20万円/日 または前年度もしくは前々年度の1日当たりの売上高×0.3のいずれか低い額】

申請期間

2021年9月1日(水)~2021年9月30日(木)23:59

申請手続き

■オンライン申請
オンライン申請はこちらから。  https://www.shiga-jitankyouryokukin.jp/
■郵送 
簡易書留での郵送をお願いします。(9月30日当日消印有効)
【郵送先住所】
〒520-8577
滋賀県大津市京町4丁目1番1号(滋賀県庁内)
滋賀県営業時間短縮要請に係る協力金受付 宛

申請に必要な書類

  1.  申請書 [オンライン申請の場合不要] 
  2.  誓約書
  3.  支払口座振替依頼書
  4.  本人確認書類
  5.  口座番号と口座名義が確認できる資料(例:通帳の写し)
  6.  事業内容を確認できる書類
  7.   【法人】定款、履歴事項全部証明書、確定申告書等のいずれか1つ
      【個人】確定申告書、開業届等のいずれか1つ
  8.  申請書別紙様式(施設に関する情報) [オンライン申請の場合不要]
  9.  申請書別紙様式(給付額計算書)  [オンライン申請の場合不要]
  10.  営業に必要な許可を取得していることがわかる資料
  11.  店舗の外観の写真(お店の名前がわかるもの)
  12.  店内の様子がわかる写真
  13.  感染予防対策実施宣言書の掲示が確認できる資料
  14.  「もしサポ滋賀」を導入していることが確認できる資料
  15.  1か月間の毎日の売り上げが確認できる書類
  16.   [売上高に応じた計算方法を選択する場合]
    ・2019年8月または2020年8月の帳簿、確定申告書のいずれか1つ
     [売上減少額に応じた計算方法を選択する場合]
    ・2019年8月または2020年8月の帳簿、確定申告書のいずれか1つ
    ・2021年8月の帳簿
  17.  要請前の営業時間がわかる資料
  18. (例:お店の営業時間が記載された看板や案内の写真、ホームページ、SNS、従業員のシフト表の写しなど)
  19.  営業時間の短縮状況および酒類の提供制限がわかる書類
  20. 【カラオケ喫茶、スナックの方】
  21.  カラオケ自粛がわかる書類
    (例:お客様へのお知らせの貼り紙を掲示したことがわかる写真、ホームページでの告知)
※テナント・イベント出店者は、申請に必要な書類の一部が異なります。詳しくは「滋賀県時短協力金コールセンター」にお問い合わせください。

■申請書のダウンロードについて

申請書のダウンロード
 URL:https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/syougyou/320727.html

B 緊急事態措置期間の協力金の支給について

緊急事態措置要請期間 (第2期)

2021年8月27日(金)0時~2021年9月12日(日)24時

県内全域の飲食店等

■ 対象店舗

  • 要請前は、夜20時から朝5時までの時間に営業していた飲食店
  • 要請前は、酒類の提供またはカラオケ設備提供を行っていた飲食店

■ 支給条件

  • 要請する全期間で、休業または営業時間を朝5時から夜20時までの間に短縮すること
  • 酒類の提供およびカラオケ設備の提供を停止すること
  • 営業時間短縮を実施していることを示すチラシを掲示しておくこと
  • 国の感染拡大予防ガイドラインを遵守していること
  • 「もしサポ滋賀」を導入し、「感染予防対策実施宣言書」を掲示していること
  • 申請フォーム:https://shiga.qr.liny.jp/entry

■ 支給額

【中小企業(小規模事業者、個人事業主含む)】
以下のA・Bいずれかの方法を選択
A 売上高に応じ、4万円~10万円/日×日数(定休日を除く)
B 1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
  【上限20万円/日】

【大企業】
・1日あたりの売上高の減少額× 0.4 ×日数(定休日を除く)
  【上限20万円/日】
【飲食店営業許可を受けていないカラオケ店】
・一律2万円×日数(定休日を除く)
【大規模施設(1000㎡超)内でのテナント・イベント出店者】
・時短営業した面積100㎡ごとに2万円/日 × 短縮した時間/本来の営業時間 × 日数(定休日を除く)

■ 申請期間

2021年9月13日(月)~2021年10月12日(火)23:59

■ 申請手続き

■オンライン申請
オンライン申請はこちらから。  https://www.shiga-jitankyouryokukin.jp/
■郵送 
簡易書留での郵送をお願いします。(10月12日当日消印有効)
【郵送先住所】
〒520-8577
滋賀県大津市京町4丁目1番1号(滋賀県庁内)
滋賀県営業時間短縮要請に係る協力金受付 宛

■ 申請に必要な書類

  1. 申請書 [オンライン申請の場合不要] 
  2. 誓約書
  3. 支払口座振替依頼書
  4. 本人確認書類
  5. 口座番号と口座名義が確認できる資料(例:通帳の写し)
  6. 事業内容を確認できる書類
  7.   【法人】定款、履歴事項全部証明書、確定申告書等のいずれか1つ
      【個人】確定申告書、開業届等のいずれか1つ
  8. 申請書別紙様式(施設に関する情報) [オンライン申請の場合不要] 
  9. 申請書別紙様式(給付額計算書)  [オンライン申請の場合不要] 
  10. 営業に必要な許可を取得していることがわかる資料
  11. 店舗の外観の写真(お店の名前がわかるもの)
  12. 店内の様子がわかる写真
  13. 感染予防対策実施宣言書の掲示が確認できる資料
  14. 「もしサポ滋賀」を導入していることが確認できる資料
  15. 毎日の売り上げが確認できる書類
  16.    [売上高に応じた計算方法を選択する場合]
    ・2019年または2020年の8月と9月の帳簿、確定申告書のいずれか1つ)
       [売上減少額に応じた計算方法を選択する場合]
    ・2019年または2020年の8月と9月の帳簿、確定申告書のいずれか1つ
    ・2021年8月と9月の帳簿
  17. 要請前の営業時間がわかる資料
  18. (例:お店の営業時間が記載された看板や案内の写真、ホームページ、SNS、従業員のシフト表の写しなど)
  19. 営業時間の短縮状況および酒類の提供制限がわかる書類
  20. 【カラオケ設備を提供している方】
  21.    カラオケ自粛がわかる書類
    (例:お客様へのお知らせの貼り紙を掲示したことがわかる写真、ホームページでの告知)
※テナント・イベント出店者は、申請に必要な書類の一部が異なります。詳しくは「滋賀県時短協力金コールセンター」にお問い合わせください。

■ 申請書のダウンロードについて

申請書のダウンロード
 URL:http://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/syougyou/321001.html

C 緊急事態措置延長期間の協力金の支給について

緊急事態措置要請期間 (第3期)

2021年9月13日(月)0時~2021年9月30日(木)24時

■ 対象、支給条件、支給額

B(第2期)と同じ。

■ 申請期間や申請手続き

10月上旬
詳細が決まり次第、県のホームページでお知らせします。

問合せ先

【まん延防止等重点措置、緊急事態宣言および時短要請等に関すること】
 滋賀県営業時間短縮要請コールセンター(日本語のみ)
 TEL 077-528-1341
 開設時間:平日 9:00~17:00
【協力金の申請手続きに関すること】
 滋賀県時短協力金コールセンター(日本語のみ)
 TEL 0570-666-323
 開設時間:平日 9:00~17:00