海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。
本接種証明書の交付申請は、令和3年7月26日(月)以降、順次、県内各市町において受付を開始しました。
詳しくは、住民票のある市町のホームページをご覧いただくか新型コロナワクチン担当部署にお問い合わせください。(ページ下の関連リンクを参照してください。)

ワクチン接種証明書とは

新型コロナワクチン接種証明書(以下、「接種証明書」とします。)は、予防接種法に基づいて、各自治体で実施された新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。 当分の間は、書面による交付となります。接種証明書のデジタル化については、接種証明書を電子的に表示する上で必要な二次元コードの規格について国際的に策定中であることから、その動向を見定めながら検討しています。

接種証明書が発行できる方

当面の間、原則、接種証明書は次の(1)、(2)に当てはまる方を対象にしています。
(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、大規模接種会場での接種などを含む。)を受けたこと。
(2)日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

接種証明書の記載内容

接種証明書への記載内容は次のとおりです。 ※日本語と英語で記載
  • 接種者に関する事項(氏名、生年月日等)
  • 新型コロナワクチンの接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)
  • 旅券番号など
詳しくは申請先自治体のホームページをご覧ください。

接種証明書の申請先

申請先は、接種を受けた際に予診票に貼付した接種券を発行した自治体です。
通常は、住民票のある市町になりますが、接種券の送付元の市町と住んでおられる市町が異なる場合は御注意ください。
1回目と2回目の途中で転居された場合などは、それぞれの自治体に申請が必要となります。

接種証明書の申請に必要なもの

申請時に必要なものは次の(1)から(4)までですが、このほか、申請先の自治体ごとで場合によって必要となる書類がございますので、申請先自治体のホームページ等をご確認ください。
(1)申請先自治体が指定する申請書(様式等は申請先自治体のHPをご確認ください。)
(2)海外渡航時に有効なパスポート*1
(3)接種時に使用した接種券の残り部分(「予診のみ」のシール箇所)*2
(4)接種済証または接種記録書*3
*1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。
*2 ない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
*3 紛失した場合は予診票の写し(本人控え)でも構いません。

接種証明書に関する問合せ先

〈具体的な手続き方法など〉
接種証明書を申請する申請先の住民票のある市町に御確認ください。
〈接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問〉
厚生労働省新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口までお問合せください。

【厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター】

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

●対応言語

日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語

●受付時間

言語によって異なりますのでご注意ください。なお、土日・祝日も実施しています。
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時00分~21時00分
タイ語 : 9時00分~18時00分
ベトナム語 : 10時00分~19時00分