諮詢內容

子どもの発達とその支援について

答案

日本では、子どもの健康や発達の状態を確認するために、さまざまな取り組みが行われています。
滋賀県内で生まれた赤ちゃんに対しては、「新生児聴覚検査」を行い、赤ちゃんの耳の聞こえを確認します。また、申し込みのあったすべての赤ちゃんを対象に、「先天性代謝異常等検査」が実施され、生まれつき体の中の代謝や分泌の動きが悪いために発達が遅れたりする病気を発見し、障害の発生を防ぐ治療が行われます。
乳幼児に対しては、住んでいる市町で乳幼児健診、そして小学校入学前は、就学相談が行われます。
子どもの成長に合わせて、決められた時期に健康診査を行い、予防接種の時期や書類の確認、保護者からの相談対応の他に、専門家による子どもの健康状態の確認によって、疾病の早期発見・早期治療につなげることに役立てられています。例えば、子どもの発達障害は、種類によってみられる特性の年齢が異なるため、各自治体で決められた時期に受けることが重要です。

滋賀県における発達障害者の利用機関について

滋賀県には、一人ひとりのニーズに応じた多様たな学びの場や利用機関があります。
0歳~6歳 乳幼児健診
保育園、こども園、幼稚園、児童発達支援事業所、児童発達支援センター
7歳~15歳 就学相談
小学校・中学校(通常学級、通級指導教室、特別支援学級)、特別支援学校(小学部、中学部、高等部)
16歳~18歳 就学相談
高等学校、高等養護学校、放課後等デイサービス
19歳~ 進学・就労相談
大学等・専門学校、企業等、障害者総合支援法等によるサービス(就労移行支援事業所、就労継続支援事業所など)
子どもの発達や心配事については、下記の機関で相談ができます。
  • 各市町の発達支援センター、保健センター、障害福祉担当窓口
  • 医療機関(小児科、精神科)
  • 滋賀県総合教育センター ℡ 077-588-2505
相談先が分からない場合、または障害が重複していて専門的な支援が必要な場合は、「滋賀県医療福祉相談モールのワンストップ相談受付窓口」があります。
滋賀県医療福祉相談モールのワンストップ相談受付窓口
℡ 077-569-5955
☆国立障害者リハビリテーションセンターが、子育て中の保護者向けに多言語で情報を発信しています。是非、参考にしてください。
国立障害者リハビリテーションセンター 多言語情報
  http://www.rehab.go.jp/ddis/world/brochure/

PDF下載

諮詢內容

日本で暮らす外国ルーツの子ども・子育て支援サイト

答案

日本で暮らす外国にルーツを持つ子どものEarly Childhood Development推進研究会(事務局:国際医療福祉大学)が「日本で暮らす外国ルーツの子ども・子育て支援サイト」を10言語(英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、ミャンマー語、ベンガル語、ネパール語)で作成されています。

諮詢內容

外國人居民的育兒支援網站

答案

(公益財團法人)神奈川國際交流財團,對育兒支援相關人士,登載應對外國人居民時有用的資訊。請充分利用。
對支援者

諮詢內容

 對於幼兒教育・保育的無償化

答案

幼兒教育.保育的無償化從2019年10月開始實施。不過依照保育設施等因素、無償化的範圍和條件會有不同,請直接向保育設施或市役所確認。
如果是幼稚園、保育所、被認定的兒童園等時
要利用幼稚園、保育所、認定的兒童園等時,從3歳到5歳兒班的兒童是免費。至於從0歳到2歳兒的兒童,如果住民税是非課税家庭的使用費是免費。
須接受居住的市町村認定有「保育必要性的認定」。加上幼稚園的利用、和利用的日數,最高月額在1.13萬日圓的範圍內,寄托保育時可以免費。
如果是認可外保育時
須由居住的市町村承認「保育必要性的認定」。3歳到5歳為止的兒童,月額在3.7萬日圓為止,從0歳到2歳為止的,住民税非課税家庭的兒童月額4.2萬日圓為止是免費。
就學前的障礙兒的發達支援
就學前障礙兒的發達支援的利用,從3歳起到5歳為止的兒童的使用費是免費。  

諮詢內容

預防接種

答案

請查詢予防接種研究中心的網站。

諮詢內容

疑有虐待兒童之情形發生時請立即聯繫

答案

虐待熱線(24小時應對)
 TEL: 077-562-8996(日語)
中央兒童家庭諮詢中心
 草津市笠山7丁目4-45  TEL: 077-562-1121
彦根兒童家庭諮詢中心
 彥根市小泉町932-1 TEL: 0749-24-3741
大津・高島兒童家庭諮詢中心
  大津市Niono濱4町目4-5  TEL: 077-548-7768
児童相談所全国共通Dial(24小時應對)
 TEL: 189 (日語)